2010年05月16日

[10G1]ヴィクトリアマイル 結果 1着ブエナビスタ

 単勝1・5倍のブエナビスタ(牝4、栗東・松田博)が人気に応えて鮮やかに差し切った。勝ち時計は1分32秒4。中団から直線は大外に持ち出してゴール直前で測ったように差しを決めた。ドバイ遠征帰りの不安説をはねのけ、4つ目のG1タイトルを手にした。首差2着に8番人気のヒカルアマランサス、3着には11番人気のニシノブルームーンが入った。[日刊スポーツ]

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

続きを読む
posted by ざわ at 21:47| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

[10G1]ヴィクトリアマイル 予想 ◎ブエナビスタ

 ヴィクトリアマイル(G1、芝1600メートル、16日=東京)の枠順が14日、発表された。ドバイ遠征帰りの2強は、2冠牝馬ブエナビスタが6枠11番、秋華賞馬レッドディザイアが8枠17番に決定。アイアムカミノマゴは7枠15番、ニシノブルームーンは5枠10番、ブロードストリートは5枠9番に入った。[日刊スポーツ]

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

続きを読む
posted by ざわ at 23:32| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

[10G1]NHKマイルカップ 結果 1着ダノンシャンティ

 1番人気ダノンシャンティ(牡、栗東・松田国)が直線で豪快に差し切り勝ちを決めた。勝ちタイム1分31秒4は日本レコード。ダービーの有力候補に浮上した。
 前半3ハロン33秒4のハイペースを、道中は後方3番手を追走。直線で大外に持ち出すと、一気に15頭を抜き去った。安藤勝騎手は「速いペースだったし位置取りにはこだわらなかった。並んだ時には大丈夫だと思った」と笑顔を見せた。2400メートルのダービーについては「マイルくらいが乗りやすいのは確か。強い2頭(ヴィクトワールピサ、ペルーサ)がいるので胸を張って挑戦したい」と意欲を見せた。2着にはダイワバーバリアン、3着にはリルダヴァルが入った。2番人気サンライズプリンスは4着に敗れた。[日刊スポーツ]


よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

続きを読む
posted by ざわ at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

[10G1]NHKマイルカップ 予想 ◎サンライズプリンス

 NHKマイルC(G1、芝1600メートル、9日=東京)の枠順が7日、確定した。トライアルのニュージーランドTの覇者サンライズプリンスは2枠4番、毎日杯を制して波に乗ったダノンシャンティは7枠13番、皐月賞11着からの巻き返しを期すエイシンアポロンは6枠11番、ダイワバーバリアンは1枠1番、リルダヴァルは2枠3番に入った。[日刊スポーツ]

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

続きを読む
posted by ざわ at 05:37| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(6) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

[10G1]天皇賞・春 結果 1着ジャガーメイル #keiba

 オーストラリアの名手C・ウィリアムズ騎手(32)を背にした2番人気ジャガーメイル(牡6、美浦・堀)が、重賞初制覇をG1初制覇で決めた。2着には昨年の覇者マイネルキッツ、3着には伏兵メイショウドンタクが入った。
 1番人気のフォゲッタブルの出遅れを横目に、ジャガーメイルは好スタートを決めると中団で完ぺきに折り合った。最後の直線で好位から進めたマイネルキッツが抜け出したが、ウィリアムズに追われたジャガーが外から追い詰めると、残り50メートルで一気に差し切った。1日付で初の短期免許を取得したばかりのウィリアムズ騎手は「いい馬に乗せてもらってとても感謝している。初めて騎乗したけれども、調教に乗ったり、VTRを見たりしてハンディはなかった」と喜びを爆発させた。[日刊スポーツ]


よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

続きを読む
posted by ざわ at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

[10G1]天皇賞・春 予想 ◎ホクトスルタン

 天皇賞・春(G1、芝3200メートル、5月2日=京都)の枠順が29日、確定した。G1初Vを狙う良血フォゲッタブル(牡4、栗東・池江泰郎)は2枠3番、昨年の覇者マイネルキッツ(牡7、美浦・国枝)は8枠16番、トウカイトリック(牡8、栗東・野中)は3枠6番、テイエムアンコール(牡6、栗東・柴田政見)は5枠10番、メイショウベルーガ(牝5、栗東・池添)は7枠14番に入った。[日刊スポーツ]

 ということで、天皇賞春の予想です。

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

続きを読む
posted by ざわ at 21:15| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(9) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

バブルガムフェロー 死す

 96年秋の天皇賞馬バブルガムフェローが26日午後8時40分、肺炎のため、けい養先のブリーダーズスタリオンステーション(北海道日高町)で死んだ。17歳だった。同馬は3月上旬から熱発が続き、診察を受けたところ肺炎と診断された。今年の種付け頭数は7頭だった。父サンデーサイレンス、母バブルカンパニー(母父リファール)。95年の朝日杯3歳Sを制して、最優秀3歳牡馬を獲得した。[日刊スポーツ]

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

続きを読む
posted by ざわ at 21:35| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

[10G1]皐月賞 結果 1着ヴィクトワールピサ



 単勝1番人気ヴィクトワールピサ(牡、栗東・角居)が強さを見せつけ、5連勝で1冠を制した。道中は後方の内で待機。直線前が壁になったが、岩田康誠騎手が馬群を縫って最内へ誘導し、鮮やかに1馬身半抜け出した。市川義美オーナーと抱き合った岩田は「すごい馬に乗せていただいて、ピサの会長さんに何とか勝利をプレゼントしたかった」と涙をあふれさせた。「内は荒れていたが外の方が水分を含んでいた。1頭分のコースがあいて、馬の力で勝たせてもらった」。昨年のアンライバルドに続く連覇を果たしたジョッキーは馬に感謝した。2着争いは大接戦となり、1馬身半差でヒルノダムール。鼻差でエイシンフラッシュ、ローズキングダムが続いた。[日刊スポーツ]

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

続きを読む
posted by ざわ at 18:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

[10G1]皐月賞 予想 ◎ローズキングダム

 皐月賞(G1、芝2000メートル、18日=中山)の枠順が15日確定し、4連勝中のヴィクトワールピサ(牡3、栗東・角居)は7枠13番、2歳王者のローズキングダム(牡3、栗東・橋口)は3枠5番、アリゼオ(牡3、美浦・堀)は8枠18番、ゲシュタルト(牡3、栗東・長浜)は3枠6番に決まった。[日刊スポーツ]

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

続きを読む
posted by ざわ at 22:05| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(3) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

[10G1]桜花賞 結果 1着アパパネ



 2歳女王アパパネ(牝3、美浦・国枝)が桜の女王に輝いた。関東馬の勝利は06年キストゥヘヴン以来4年ぶり。国枝栄調教師、蛯名正義騎手とも、初の桜花賞Vとなった。
 道中はオウケンサクラが逃げ、好スタートを決めたアパパネはやや行きたがりながらも好位をキープした。勝負どころでも抜群の手応え。直線で馬場の真ん中に持ち出して追い出されると、1完歩ずつ伸びて粘るオウケンサクラをきっちり差し切った。勝ち時計1分33秒3は桜花賞レコード。蛯名は「直線、最後はしのいでくれと思って追った。少し掛かったが、理想的な位置を取ることができた。(9度目の挑戦で)個人的にほしいタイトルだったのでうれしい。新たな目標に向けて頑張りたい」と喜びを語った。2着オウケンサクラ、3着エーシンリターンズ、4着ショウリュウムーンまでの4頭がオークス優先出走権を獲得した。[日刊スポーツ]


よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

続きを読む
posted by ざわ at 17:45| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする