2008年05月18日

平成20年度浅草神社例大祭(三社祭)

080518_1908~002.jpg 浅草神社(東京都台東区)の三社祭は最終日の18日、約100基の神輿(みこし)が雷門周辺に繰り出した。昨年のように担ぎ手が神輿の上に乗り逮捕されるトラブルはなく、3日間の日程を無事終えた。
 昨年は、警官の制止を聞かずに神輿に乗ったとして、担ぎ手の男ら7人が都迷惑防止条例違反(粗暴行為)容疑などで逮捕された。このため、同神社などは、大型の本社神輿を担ぎ出す「宮出し」を中止し、この日練り歩いたのは各町会の神輿だけだった。足袋姿の担ぎ手は「オイサ」「ソイヤ」と威勢良く声を上げたが、観光客からは「迫力不足」の声も聞かれた。神社側は今後、宮出しの復活を検討する。[毎日.jp]

 
080518_1915~001.jpg ということで、今年も例のごとく行って参りました。と言っても幸雄がいた関係で長居はできなかったのですが。

 正直驚いたのは今年は人数が少ないってところですかね。昨年の神輿乗り禁止が破られたことにより本社神輿を神輿庫から出脚させないことになり、祭りのフィナーレである本社御輿の宮入りがなくなったというのが一番の原因だと思いますが。

080518_1917~001.jpg てなわけで、18時段階で祭りの本当の主役である浅草神社の境内は非常に閑散としてました。非常に寂しい次第です。

 冒頭の記事によると、今年トラブルが無かったという事で、神社側は宮出し、宮入の復活も検討しているとのことなんですが…
 来年はどうなるんでしょうかねぇ?この不景気な中、こういった行事が盛り上がるのは決して悪い事ではないので、是非復活して欲しいのですが…

 もし復活した場合、神輿乗りがまた行われ、再度中止になることがない事を祈るばかりであります。
posted by ざわ at 22:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック