2008年03月02日

[ボクシング]新井田が7連続防衛

 チャンピオンの新井田豊(横浜光)が挑戦者で同級(WBA世界ミニマム級)13位のホセ・ルイス・バレラ(ベネズエラ)を6回2分16秒、KOで退け、7度目の防衛に成功した。
 新井田は世界王者のまま1度引退し、2004年7月に王座復帰を果たしてから7連続防衛。日本の世界王者連続防衛記録で歴代単独4位となった。[日刊スポーツ]

 
 2001年にWBAミニマム級王座を獲った直後に「モチベーションがなくなった」と引退したときはどうかと思いましたが、引退撤回後2004年に王座回復。それから7連続防衛…すごいですなぁ。

 ちなみに日本ジム所属の世界王者の防衛記録は…

 具志堅用高 WBA世界ライトフライ級王座 13回防衛
 勇利アルバチャコフ WBC世界フライ級王座 9回防衛
 徳山昌守 WBC世界スーパーフライ級王座 8回防衛

 新井田豊 WBA世界ミニマム級王座 7回防衛(継続中)


 2001年の不可解な引退宣言が無かったら防衛記録もっと伸びてたんだろうなと思うとちょっと残念。でも、その分今後の防衛記録延長に期待ですな。
 まだ29歳。具志堅の記録を目指して欲しいものです。
posted by ざわ at 09:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス・格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック