2008年01月23日

博多湾車両転落事件 検察、被告ともに控訴

 幼いきょうだい3人が死亡した福岡市の博多湾車両転落事故で、飲酒運転中に事故を起こして危険運転致死傷罪などに問われた元同市職員、今林大被告(23)について、福岡地検は21日、同罪の成立を認めずに業務上過失致死傷罪を適用して懲役7年6月を言い渡した8日の福岡地裁判決を不服として控訴した。
 検察側は「今林被告は事故当時、アルコールの影響により正常な運転が困難な状態だった」として地裁判決の事実誤認を主張し、改めて危険運転致死傷罪の適用を求める方針。[NIKKEI.NET]

 幼いきょうだい3人が死亡した福岡市の博多湾車両転落事故で、飲酒運転中に事故を起こして危険運転致死傷罪などに問われた元同市職員、今林大被告(23)の弁護側は22日、同被告に業務上過失致死傷罪などを適用して懲役7年6月を言い渡した8日の福岡地裁判決を不服として控訴した。
 弁護人の春山九州男弁護士は控訴理由について、3児の父親、大上哲央さん(34)の居眠り運転を否定した地裁判決には事実誤認があり、刑が重すぎるとしている。[NIKKEI.NET]

 
 びっくり。
 検察側が控訴したのはわかるけど、まさか被告側も控訴してくるとは…

 さすが人権派弁護士。被告側の人権は殺された側の人権より重いわけだ。死んだ人間には人権はないってか…さすがだな。
 こんなのが福岡県弁護士会会長を過去にやってたわけか…やれやれ。

 片や軽すぎるで控訴。片や重すぎるで控訴。
 交際高裁(訂正^^;)はどんな判断を下すのでしょうか…


posted by ざわ at 00:00| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | ニュース・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
交際してどうするよw

飲んだら乗るな、飲むなら乗るなってのをどう解釈されているんでしょうかねぇ

飲んだら飲むのはソルマック?
Posted by 年寄 at 2008年01月23日 08:02
交際⇒高裁 直した。

しかしまぁ、控訴して双方とも納得する判決にはならないと思うから最終的には最高裁まで行くと思うけどね。

いっそ、高裁飛ばして最高裁で確定させてしまえと思うんだがね。
Posted by ざわ at 2008年01月23日 08:57
飲酒運転をして反省のない被告は遺族感情を考えると死刑がのぞましい。
 飲酒運転の防止をドライバーに警告をするためにも・・・・。
Posted by ぶじこれきにん at 2008年01月23日 16:44
ま、心情的にはともかくとして死刑は現在の刑法上不可能ですからね。
危険運転致死傷罪適用でも、そうでなくても、法定限度の刑を望みます。

飲酒運転を撲滅させるというならば…
Posted by ざわ at 2008年01月23日 16:57
http://www.yabelab.net/blog/2008/01/23-195831.php
どんなに荒唐無稽な理由であろうとも、控訴は権利です。でも上記エントリでも述べられているように、光市の件と同じ臭いがしますね。
原則では刑事事件の弁護人の任務は被告人の言い分を法律的にfitさせて主張することですので、控訴理由は被告人の主張である…はずなんですが。
Posted by みぃ at 2008年01月23日 23:49
権利とはいえ、法廷戦略的にどうかと思いますよね。
なんか長引きそうですな。この裁判。
Posted by ざわ at 2008年01月24日 00:08
飲酒運転に対する刑罰として死刑が、現在の刑法上不可能なら(わが子を飲酒運転で失った親の気持ちを差し引いても)、無期懲役がのぞましい。
 ちなみに福岡の事故以降飲み屋、ラーメン屋でも飲酒運転ダメ!!が来客するドライバー向けにポスターが張り出された。
 飲酒運転の警告を外食屋もする時代になった。
Posted by ぶじこれきにん at 2008年01月24日 07:44
法定の最大の刑が合わせ技で懲役26年ですので、その満額回答が最大になりますな。
ただ、また危険運転の構成用件にあたらないという判決が出る可能性もあります。
Posted by ざわ at 2008年01月24日 12:41
事件の二面性について

 これは、飲酒運転車両による追突事故と橋からの車両転落事故の二面から判断せねばならないと考えます。
子供達の死因は『溺死』であり、これは転落によるものです。であれば、後者の問題は橋欄干の強度であり、責任は橋を作った人にはなりませんでしょうか?
もちろん、前者の問題の責任を否定するものではありません。
Posted by 泉田信行 at 2009年05月15日 21:14
その自動車の追突による欄干の破壊というところも考えると、加害者の責任は大きいかと。
そもそも、橋の強度は基本的に渡ろうとする振動等による破壊は想定してますが、乗り越えさせようとする車までは想定してません。
そんなの、普通の使い方ではありませんし、そこまでの強度、防御を全ての橋に求めると大変なことになると思います。
Posted by ざわ at 2009年05月16日 10:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。