2007年08月23日

史上初、加藤一二三九段が通算1000敗

 将棋の加藤一二三九段(67)が22日、東京・将棋会館で行われた朝日杯オープン戦で戸辺誠四段(21)に敗れ、通算負け数が1000敗となった。プロ入り以来、53年間に積み重なったもので、将棋界史上初の記録。
 加藤九段は1954年、14歳でプロ入り。「神武以来の天才」と呼ばれ、82年には名人位を獲得した。通算勝ち数は1261勝で、大山康晴十五世名人の1433勝、中原誠永世十段(59)の1299勝に次ぐ歴代3位。[毎日新聞]

 
 念のため書いておきますが、加藤一二三(ひふみ)九段です。加藤1239段ではありません(当たり前だ)。

 しかし、通算1000敗か…すごいですな。
 1950年に史上最年少となる14歳7ヶ月でプロ入り(C級2組・四段)。そこから57年プロでいるということが本当にすごいですな。

 加藤一二三九段は結構逸話の多い人ということで…まぁ、どこまで本当かはわかりませんがこちら参照ということで。
 なかなか笑えます。

 いまはB級2組まで落ちてしまってますが、まだまだ復活できると期待したいです。最年少A組の記録とともに、最年長A組の記録も作って欲しいですね。
 まだまだがんばれ〜
posted by ざわ at 00:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック