2007年08月20日

[全日本]8.19後楽園ホール

070819_1203~001.jpg 今日は久々にプロレス観戦。全日本プロレスの「サマーインパクト2007」開幕戦となる19日の後楽園ホール大会を見に行ってきました。

 同日18時からのNOAHの後楽園ホール大会と迷っていたのですが、8.26両国国技館大会の3大タイトルマッチの前哨戦があるということで、こちらを選択しました。
 
 試合結果はスポーツナビを見ていただくとして…まぁ、気になったポイントだけでも。

 正直、今回の大会は後味が悪いものだった。
 試合自体は悪くない。武藤社長の言うところのパッケージプロレス。そういった観点からするとこの開幕戦ってのは起承転結の"起"。だからこそストーリー上のスタート部分で、"続く!"って感じで1日の大会が終わるわけなんだが…セミで鈴木みのるが佐々木健介の右腕を破壊、メインでブードゥー・マーダーズが武藤、川田、ジョー・ドーリング組から勝利。川田リンチ寸前でケアが救出に走るも、返り討ちでケアがリンチをくらい…完全なバッドエンドで終わってしまったってのがねぇ…

 これで、両国大会がバッドエンドだったら…大変なことになるぞ…
 
posted by ざわ at 00:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス・格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック