2011年03月30日

復興支援チャリティーマッチ 日本代表vsJリーグ選抜

 祈りのカズダンスが、被災地へエールを届けた。Jリーグ選抜の横浜FCのFWカズ(三浦知良=44)が、途中出場した後半37分に右足で得点。そのまま代名詞のカズダンスのステップを踏んだ。一瞬でも苦しさを忘れ、サッカーに没頭してもらいたい、その思いを込めたゴールと、ダンスだった。試合は日本代表に敗れたが、日本サッカー界の“キング”が、これ以上ない可能性という希望を、日本中に披露した。[日刊スポーツ]


よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

 29日の東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ。さすがに関東で行うことができず、大阪長居スタジアムで行われました。

 1分間の黙祷の後、キックオフ。前半14分に遠藤のFKで日本代表が先制、同じく19分に本田圭⇒岡崎のホットラインで追加点。前半は2−0で日本代表がリードして折り返しました。

 で、後半。一気にメンバーが入れ替わったところでJ選抜が盛り返し優勢に。そして後半18分。キングカズが登場すると、スタジアムは一気にヒートアップ。

 そして後半37分。長居に神が舞い降りたとしか思えないシーンが起こりました。



 GK川口のFKを闘莉王が前方に頭で送り…それを拾ったカズがシュート。代表GK東口の横をすり抜けゴール…この間わずか7秒。キングカズに神が降りた…そう感じたのは決して私だけではないと思います。

 遠藤がFKを決め、本田⇒岡崎で得点を取り、カズがゴールを決めカズダンスを見せる…ファンが望んでいたシナリオが実現した感じがします。事実はドラマより奇なりといいますが、まさにそんなシナリオを人知を超えた存在が演出したとしか思えません。

 この試合で被災地だけでなく、日本全国が元気付けられた…そう信じたく存じます。

 私も、東北の復興、そして日本の復興。信じます。応援します。

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン


posted by ざわ at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。