2011年03月27日

ドバイワールドカップでヴィクトワールピサが優勝

 昨年の有馬記念の覇者ヴィクトワールピサ(牡4、栗東・角居)が好位から差し切り、日本調教馬として初めて世界最高賞金(総額=約8億円、優勝=約4億8000万円)レースの頂点に立った。
 スタート直後は最後方に控えたが、スローペースを読み切ったデムーロ騎手の好判断によって向正面で追い上げ、逃げるトランセンド(牡5、栗東・安田)をぴったりマーク。最後の最後まで懸命に粘るトランセンドを半馬身かわし、昨年まで日本から延べ18頭が挑戦して成し得なかった悲願を達成した。勝ち時計は2分05秒94。ゴール手前でガッツポーズを繰り出したデムーロは「信じられない! いつもはいいスタートが、今日は良くなかった。バックストレッチでスローペースになったことがラッキー。いいポジションに付けられた。直線がすごく長くて、終わらないかと…。家族のみんな、ありがとう! 日本のみなさん、ありがとう!」と感涙にむせんだ。[日刊スポーツ]



よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

 見事でした。
 ヴィクトワールピサ、スタート直後は最後方で後ろからうかがう形だったのですが、先頭のトランセンドがスローペースを作ると、気がついたら2番手に。そのままトランセンドと行った行ったの形になり、直線でトランセンドを半馬身差しきり1着。いや、すごいレースでした。

 1996年の第1回ドバイワールドカップに当時ダート最強馬のライブリマウントが出走して6着。あれから歴史が始まり…1997年の第2回ではホクトベガの故障⇒予後不良という悲劇もありました。2001年第6回のトゥザヴィクトリーが2着に入ったのが最高で…それ以来は着に入ることもできてませんでしたが、ついにヴィクトワールピサの戴冠。しかも…

 トランセンドが2着に残り、海外G1での日本調教馬ワンツーは07年シンガポール航空国際カップ(1着シャドウゲイト、2着コスモバルク)以来4度目。大震災に見舞われた日本の重苦しい雰囲気を吹き飛ばす快挙となった。3着は地元UAEのモンテロッソ。ブエナビスタ(牝5、栗東・松田博)は後方に置かれたまま8着に終わった。

 トランセンドも2着。この大舞台でのワンツーフィニッシュは日本を大いに盛り上げてくれる…そう思います。

 とにかく、ヴィクトワールピサ、デムーロ騎手、角居調教師。本当におめでとうございました。



よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン
posted by ざわ at 09:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ドバイワールドカップ・ヴィクトワールピサ優勝、トランセンド2着
Excerpt: 残念ながらリアルタイムでは観戦できませんでしたが、Youtubeのレース実況で観戦。ゴールの瞬間は涙ぐみました。すばらしい勝利です。 競馬ドバイワールドカップ2011 日本馬がワンツー! Dubai..
Weblog: 雷庵博人の「遺書いで口で吸え!」
Tracked: 2011-03-27 20:56

ヴィクトワールピサ ドバイ ユーチューブ
Excerpt: ドバイワールドカップでヴィクトワールピサが優勝 昨年の有馬記念の覇者ヴィクトワールピサ(牡4、栗東・角居)が好位から差し切り、日本調教馬として初めて世界最高賞金(総額=約8億円、優勝=約4億8000万..
Weblog: お茶漬けは鮭か梅
Tracked: 2011-03-28 20:47