2010年11月24日

[10-11Fs]ソフトバンク多村が残留へ

 ソフトバンクから海外フリーエージェント(FA)権を行使した多村仁志外野手(33)が24日、残留する意向を明らかにした。福岡市内で球団側と交渉した多村は「必要とされていることが伝わった。(今後は)細かい面での話し合いになると思う」と話した。来季から4年契約を結ぶ予定。
 多村は今季打撃3部門でチームトップの成績を残して7年ぶりのパ・リーグ制覇に貢献したが、国内外の他球団の評価を聞きたいとしてFA宣言していた。多村は「(FA宣言残留を)受け入れてくれて感謝している」と語った。小林至編成・育成部長は「残留してくれると思う。(条件は)宣言前と変えてない」と安堵(あんど)した様子で話した。[日刊スポーツ]



よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

 結局残留ですか。当初ソフトバンクとは価値観にずれがあったということでFA宣言したわけですが…他と交渉した形跡が無いわけですが…まぁ、行き先が決定してよかったと言うことでしょうか。

 さてこれは他のFA宣言選手にも大きな影響がありそうです。横浜の内川が広島、ソフトバンクへの移籍交渉をするということだったのですが、これでソフトバンクの線は薄くなりそうです。もし万が一内川が広島もなくなり残留した場合、横浜移籍の可能性もあった森本稀哲選手の動向も分からなくなるというわけで。

 さぁ、どうなるのでしょうか…とにかく、まだまだFAの嵐は吹き荒れて行きそうです。

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン
posted by ざわ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック