2010年11月17日

[10-11ストーブ]FA宣言選手11人を公示


 プロ野球のフリーエージェント(FA)宣言選手が17日、コミッショナーから公示され、横浜の内川聖一内野手、ソフトバンクの多村仁志外野手ら11選手が名を連ねた。10選手以上が宣言するのは2002年以来。18日から所属球団以外のチームとも交渉が可能になる。
 18日には広島が国内FA権を行使した内川と交渉を行い、捕手強化を目指すソフトバンクは西武の細川亨捕手と、阪神は楽天の藤井彰人捕手と交渉する。
 海外FA権を行使した選手は国内外すべての球団と交渉が可能になり、ロッテの小林宏(本名小林宏之)日本ハムの建山義紀両投手らは米大リーグ移籍を希望している。宣言して残留を決めた阪神の関本賢太郎内野手はFA宣言選手契約締結合意が公示された。[スポニチ]



よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

 公示されたのは以下の選手です。

■国内FA宣言選手
 関本賢太郎内野手(阪神)
 内川聖一外野手(横浜)
 細川 亨捕手(西武)
 後藤光尊内野手(オリックス)

■海外FA宣言選手
 金城龍彦外野手(横浜)
 多村仁志外野手(ソフトバンク)
 土肥義弘投手(西武)
 小林宏之投手(ロッテ)
 建山義紀投手(日本ハム)
 森本稀哲外野手(日本ハム)
 藤井彰人捕手(楽天)


 小林、土肥、建山の3投手は海外移籍希望。関本は阪神残留決定。後の7選手は一体どんな動きをするのでしょうか…特に稀哲の同行が気になります。現状ではファイターズ残留か横浜移籍か…その2つのいずれかになりそうですが。

 どちらにせよ、全員いい方向に行くことを祈ります。

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン
posted by ざわ at 23:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック