2010年11月01日

[東京六大学10秋]慶應が早稲田に連勝 

 慶大が7−1で早大に快勝。2連勝で勝ち点4、8勝4敗(2分け)の同率で早大に並び、3日に行われる優勝決定戦へ持ち込んだ。
 慶大は1回に1点を先制すると、3回に山崎錬内野手(2年=慶応)が3ラン、4回には福谷浩司投手(2年=愛知・横須賀)が自ら2ランを放った。守っては先発の福谷が1失点で完投した。
 早大は広島からドラフト1位指名を受けた先発の福井優也投手(4年=済美)が3ランを浴びるなど3回4失点で降板。2番手の西武1位指名の大石達也投手(4年=福岡大大濠)も2ランを浴びた。
 早慶両校による優勝決定戦は1960年(昭35)秋以来、50年ぶり。当時の優勝決定戦は2試合連続11回日没引き分け、3試合目で早大が3−1で勝ち優勝した。リーグ戦での3試合と合わせ「伝説の早慶6連戦」と呼ばれる。[日刊スポーツ]



よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

 昨日の日本ハムドラフト1位の斉藤に続き、広島ドラフト1位の福井を攻略。西武ドラフト1位の大井氏も2試合連続で攻略し、慶應が優勝決定戦に進出しました。いや、めでたい。まだまだ春秋東京六大学野球の優勝決定戦は1990年秋の立大−法大戦以来20年ぶり。慶早の対決だと1960年秋以来50年ぶり。前回の慶早優勝決定戦対決は早稲田に敗れているだけになんとか50年ぶりの雪辱を果たして欲しいところ。



 優勝決定戦は11月3日…おそらく慶應は竹内大助、早稲田は斉藤佑樹の先発が予測されます。
 13時プレイボールか…千葉マリンに間に合いそうにないので、現地観戦は断念しますがなんとか自宅観戦したいものです。

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン
posted by ざわ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167957353

この記事へのトラックバック