2010年09月18日

押尾学 懲役2年6月の実刑判決

 合成麻薬MDMAを一緒に飲んで容体が急変した飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=を放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死など4つの罪に問われた元俳優、押尾学被告(32)の裁判員裁判の判決公判が17日、東京地裁で開かれた。山口裕之裁判長は懲役2年6月(求刑懲役6年)の実刑を言い渡した。
 争点だった保護責任者遺棄致死罪については、保護責任者遺棄については認めたが、致死の成立は認めなかった。[産経msn]


よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

 検察側の求刑が6年ということでどれだけの量刑が課されるかと思ってましたが…保護責任者遺棄致死罪→保護責任者遺棄罪という2年6ヶ月の実刑判決。意外と少ないと思ったのですが、意識不明になってから救急車を呼んで確実に救命できたことが証明できないということですので…まぁ妥当なのかなと。

 無罪を主張していた押尾側は当然控訴と言うことですが…逆に高裁で保護責任者遺棄致死罪に問われる可能性があるということで控訴せずに受け入れていたほうがいいんじゃないかという気がしないでもないのですが…

 まだまだ続きそうですね。

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン


posted by ざわ at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。