2010年09月02日

土俵の鬼 第45代横綱若乃花 逝去


 第45代横綱初代若乃花で元二子山親方の花田勝治(はなだ・かつじ)氏(日刊スポーツ評論家)が1日午後5時25分、腎細胞がんのため、東京・慶大病院で死去した。82歳だった。
 1946年(昭21)11月に初土俵を踏み、58年初場所の優勝で横綱に昇進した。幕内優勝10回。ライバルの栃錦とともに「栃若時代」を築いた。引退後は年寄・二子山として2横綱、2大関ら19人の関取を育て、日本相撲協会の理事長も務めた。現役時代は自らに、引退後は弟子に猛げいこを課し「土俵の鬼」と呼ばれた。[日刊スポーツ]



よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン


 力士としてはライバル栃錦とともに土俵を盛り上げ優勝10回を果たし、師匠としては2代目若乃花、隆の里の2横綱、初代貴ノ花、若嶋津の2大関を育て、理事長としても活躍。まさに現在の相撲界の大御所と行っても過言ではなかったと花田勝治氏…この相撲界の危機の時に亡くなってしまったのは残念であります。

 ご冥福をお祈りします。

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン
posted by ざわ at 08:19| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
土俵の鬼、角界が野球賭博でゆれる時に死ぬ。何かの因縁か・・・・・・
Posted by ぶじこれきにん at 2010年09月02日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。