2010年07月30日

西武大久保博元前コーチ解雇


 西武は29日、不適切な指導の疑いがあったとして22日にコーチの職を解いた大久保博元・前2軍打撃コーチ(43)の解雇を発表した。関係者に対して行われた事情聴取の結果、ルーキー雄星投手(19)への暴行行為があったと判断して処分を下した。空席となった2軍打撃コーチには田辺徳雄・編成部プロ担当(44)が就任することも発表された。[日刊スポーツ]


よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン
 それについて大久保氏の反論としまして…

「球団による調査が完結した時点で、自ら身を引こうとも考えていた。解雇の理由については納得できない部分がある。コーチとして不適切な行為をしたことはない」[日刊スポーツ]

 まぁ、こうなった時点で球団の思惑と逸脱した行為を行っていた事が発覚し、球団側から切り捨てざるを得なくなったという事なんですが…その点に大久保氏は気付いているんでしょうか…って、気付いてイないからこその発言なんでしょうねぇ。

 あと正直なところ聞き捨てならない発言が別のところから出てきているんですが…


(渡辺監督)「おれの立場からしたら、選手も守らないといけないし、コーチも守らないといけない。そういう意味では、今回デーブを守れなかったことに、すごく情けない気持ちでいる」[産経msn]

 そうならないように監督しておくのがあんたの責任なんじゃないのかと思うのは私だけでしょうかねぇ…

 あとは、変な形でこの事件の余波が他球団にも感染しない事を祈念するばかりであります。

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン
posted by ざわ at 23:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック