2010年07月04日

野球賭博問題により大嶽親方と琴光喜解雇

 日本相撲協会は4日、名古屋市内のホテルで臨時の理事会を開き、野球賭博に関与した大関琴光喜(34=本名田宮啓司、佐渡ケ嶽)と大嶽親方(42=本名納谷忠茂、元関脇貴闘力)の処分を、最も重い除名ではなく解雇処分とすることを発表した。最も重い除名ではなかった。角界からは永久追放となる。現役大関の解雇は史上初めて。
 賭博問題を調査する特別調査委員会(伊藤滋座長)は、琴光喜については大関の立場にありながら野球賭博にかかわり、大嶽親方は常習性があったことを問題視。さらに2人とも相撲協会の事情聴取に虚偽の説明を行ったことで、解雇か除名の勧告をしていた。相撲協会は6月28日の臨時理事会でこれを受け入れた。[日刊スポーツ]


よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

 ほぼ最終的な結論が出ましたね。

 大嶽親方…解雇(退職金なし)
 琴光喜…解雇(退職金あり)
 阿武松親方…2階級降格(委員→平年寄)・10年据置
 時津風親方…1階級降格(主任→平年寄)・5年据置


 謹慎の武蔵川理事長に代わる理事長代行には外部理事で元東京高検検事長の村山弘義外部理事の就任が正式決定。

 とりあえず落としどころとしてはこんな感じが妥当ってところなんでしょうかね。

 正直なところ膿を完全に出し切る事は不可能とは思いますが、出来る限りまともな体制になってくれることを期待します。

 一相撲ファンとして…そう思います。

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン
posted by ざわ at 22:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

大嶽親方・大関琴光喜解雇
Excerpt: 琴光喜関に退職金2600万円=大相撲賭博(時事通信) - goo ニュース 日本相撲協...
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2010-07-06 09:30