2006年03月23日

[06WBC]政府が日本代表に紫綬褒章の授与検討?

 政府は23日、野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で優勝した日本代表チームの王貞治監督、コーチ、選手に紫綬褒章を授与する方向で検討に入った。初開催のWBCへの国民の関心は五輪同様に高く、金メダリストが受章している紫綬褒章を授与する案が浮上した。[NIKKEI.NET]
 紫綬褒章学術、芸術上の発明、改良、創作に関して事績の著しい方[内閣府]

 スポーツ界だと、過去の受賞者は2004年のアテネ五輪での金メダル獲得者2006年のトリノ五輪での金メダル獲得者(要するに荒川静香ただ一人)のみ。
 いうなれば小泉首相が人気取りのために"スポーツの業績"を"学術の業績"の拡大解釈として適応させただけなんだよなぁ…
 前任者(森)国民栄誉賞をそれに利用したののマネっこをしただけなんだろうけどさ。
 でもまぁ、WBC優勝五輪の金メダル同格と認めたということで、多少はWBCの価値が認められたということでいいのかな?

 なにもないよりはいいんじゃないかなぁ…。とは思う。


posted by ざわ at 22:56| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球国際大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それでもイチローが辞退する?
Posted by 若年寄 at 2006年03月24日 10:33
どうかね?
前の辞退の経緯からすると辞退してもおかしくないが、「チームとしての受章」なら受けるんじゃない?
Posted by ざわ at 2006年03月24日 10:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。