2010年04月13日

亀田史郎氏 事実上の永久追放処分



 日本ボクシングコミッション(JBC)は13日、東京都内で倫理委員会を開き、3月27日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座統一戦で亀田興毅選手(亀田)が敗れた後、試合役員らに暴言を吐くなどした父史郎氏(44)に対し、セコンドライセンスを取り消し、今後いかなるライセンスの申請も受理しないとする事実上の永久追放処分を科した。
 史郎氏は今後、JBCの管理、権限の及ぶ客席やリングサイド、控室などへの立ち入りも禁止となる。2007年10月からセコンドライセンスの無期限停止中だったが、今回もっとも厳しい処分を受けたことで、今後は一切のプロ活動ができなくなる。[日刊スポーツ]


よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

 昨日、「亀田史郎氏 セコンドライセンス返上へ」のエントリ内でこんな事を書いたのですが…

--
 処分を受ける前に返上ですか…まぁ、反省の姿勢を見せると言うことでは一番いい手段ではあるのかもしれませんが、それ以前にすでに無期限停止になっている状態…いわゆる執行猶予的な状態にもかかわらず判定に対しての暴言を行ったということで厳罰は免れないでしょう。
 逆に、それを避けるための手段と見られてもおかしくないわけで。
--


 結局返上と言う形以前に事実上の永久追放処分が下ったわけで…
 まぁ、仕方ないでしょうね。

 とにかく、今後は亀田興毅、大毅選手たちに迷惑かからないようお願いしたいものです。

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン


posted by ざわ at 20:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | プロレス・格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

亀田史郎は殺人犯扱いとなりました(笑)
Excerpt: 3月27日のWBCフライ級王座統一戦で、亀田史郎が試合後に立会人らに暴言を吐いた問題で、JBCは、史郎にセコンドライセンス取り消しの処分を科すことを決めた。今後、ライセンスの申請は認めず、JBCの管..
Weblog: 愛国を考えるブログ
Tracked: 2010-04-14 05:40

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。