2010年02月13日

チリ 50ペソ硬貨に国名誤表記


 チリの造幣局で、国名を「Chile」と表記すべきところを誤って「Chiie」と刻印された50ペソ(約8.5円)硬貨が大量に製造されたことが判明し、責任を問われた造幣局長と硬貨製造責任者の2人が今週、更迭された。
 この硬貨の存在は2009年末に明らかになった。国名のスペルミスのほか、中央銀行が過去に使用したことがないと主張する製造責任者の署名も刻まれている。2009年末にはほかにも間違いのある硬貨やメダルが見つかっている。[AFP]


よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン
 なんて読むんでしょうかね?チリでは無くて…チィでしょうか?

 でも、この問題を見た瞬間に、蒸し返すようで悪いのですが、昨年のファンクラブ会員証に「LOTTE」と表記すべきところをLOTEと表記してしまい、謝罪したまま交換せずに済ませてしまったロッテ球団のことを思い出してしまいました。

 まぁ、さすがに国家レベルのミスですからねぇ…交換は当然でしょうな。しかし、

 だがコインと切手の専門家によると、この硬貨はコレクターにとって「2倍の金額を払ってでも手に入れたい珍しいもの」だという。

 うーむ^^;

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン
posted by ざわ at 12:02| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
穴位置のズレた50円玉とかがとんでもない値段する世界だしエラーコインという観点だけで見ればコレクターズアイテムにゃ違いないが・・・


Posted by 年寄 at 2010年02月13日 13:24
2003年にピンバッジで「エラー分も含めて集めて初めてコンプリート」と言った人がいたような^^;
Posted by ざわ at 2010年02月17日 07:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック