2010年02月07日

大相撲トーナメント 豪栄道が初優勝


 第34回日本大相撲トーナメントが7日、東京・国技館であり、豪栄道が大関琴欧洲を倒して初優勝した。横綱白鵬は準決勝で豪栄道に敗れた。4日に引退した元横綱朝青龍は、過去4度優勝していた。[asahi.com]

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

 数日前に朝青龍が引退し、その直後の大会。それだけに白鵬の一人舞台になってしまうのでは…と思っていたのですがそうはならなかった模様。

 準決勝に進出したのは白鵬、豪栄道、琴欧洲、猛虎浪。そこから豪栄道が白鵬を、琴欧洲が猛虎浪を下して決勝進出。さすがに白鵬、琴欧洲の連破は無いかな…と思っていたのですが、まさかの優勝…これにはびっくりしました。

 この大相撲トーナメント、1977年の第1回から今回で34回を迎えるのですが、ここまでの優勝者ので大関に上がれなかったのは第2回の玉ノ富士(現楯山親方)、第4回の栃赤城、第6回の栃光(金城)、第16回の琴錦(現秀ノ山親方)のみで、あとの優勝者は横綱、大関になっております。そして、ここまで朝青龍、白鵬のモンゴル人力士に優勝を独占されていたため、日本人力士の優勝も第27回の武双山(現藤島親方)以来の7年ぶり…今後を非常に期待させる今回の優勝であります。

 まだ23歳。来場所は前頭中位となりそうですが、この勢いでまた三役に復帰し、更に大関、横綱を目指して欲しいものです。

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン
posted by ざわ at 19:15| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これを機会に若手力士発奮しないといけない。
Posted by ぶじこれきにん at 2010年02月08日 12:34
稀勢の里あたりは奮起しないと…ですね
Posted by ざわ at 2010年02月08日 12:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック