2010年01月28日

中日応援団訴訟 中途半端な判決

 プロ野球12球団と警察庁などで作る「暴力団等排除対策協議会」が、中日の私設応援団2団体の球場での応援禁止や一部メンバーを球場から締め出したのは、権利の乱用で違法だとして、2団体のメンバー約100人が12球団と日本野球機構などを相手取り、処分の無効と慰謝料の支払いを求めた訴訟の判決が28日、名古屋地裁であった。増田稔裁判長は「裁量権を逸脱するもの」として、球場締め出しの処分を無効と認め、対象となった約20人に対し、1人当たり1万1000円の支払いを認める判決を言い渡した。一方、応援禁止処分については「裁量権の範囲」として認め、原告側の訴えを却下した。原告側は応援禁止を認めた判決を不服として控訴する方針。
 訴えたのは「名古屋白竜会」と「全国竜心連合」の2団体。同対策協議会は08年3月、2団体に対し、プロ野球の試合での鳴り物応援(応援団方式による応援)を不許可。同白竜会のメンバー22人に対して球場チケットの販売を拒否し球場から締め出す処分を出した。
 鳴り物応援の禁止処分について判決は「応援方法によっては球場の秩序を乱すことがありえる」とし自由裁量を認めた。一方、球場締め出しについては「裁量権を有することを考慮しても範囲を逸脱するものとして許されない」とした。[毎日.jp]


よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

 要するに…

 球団による応援団メンバーの球場締め出し…無効
 球団による鳴り物応援の禁止…有効


ってことですか。

 まぁなんというか…応援団メンバーにとっては応援行為の禁止をされたという事で納得できないでしょうし…控訴は当然ですな。

 で、NPB(日本野球機構)も控訴の方向だそうで…

 まだまだこの裁判、長くなりそうです。

よろしければポチっとお願いします
blogram投票ボタン

posted by ざわ at 21:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック