2010年01月14日

[10初場所]4大関全滅

 両横綱は白鵬が豪栄道を寄り倒し、朝青龍は雅山を押し出し、ともに初日から4連勝とした。
 大関陣は琴光喜が栃ノ心に力なく寄り切られて4連敗。日馬富士は豊ノ島に、琴欧洲は小結鶴竜にそれぞれ下手投げで敗れて初黒星。魁皇は小結琴奨菊に寄り切られて2勝2敗となった。出場4大関が全員そろって敗れるのは、2008年の初場所4日目以来。
 関脇同士の対戦は千代大海の引退で把瑠都の不戦勝。全勝は両横綱に平幕の稀勢の里、垣添の4人となった。[日刊スポーツ]


blogram投票ボタン

 不甲斐ない、ああ不甲斐ない。
 栃ノ心、豊ノ島、鶴竜、琴奨菊…それぞれ元気ものではあるのですが、全員が全員負けてしまうってのはいかがなものかと。

 一方、白鵬、朝青龍の4連勝。ついでに稀勢の里、垣添も4連勝。立派立派。特に稀勢の里は4勝のうち3つが役力士ですからね。何とかこの勢いで再び大関への足がかりを作って欲しいものです。
 
 ともあれ、大関陣…特に琴光喜は既に4敗…今場所はこれで終わりなのか…もっとしっかりしてもらいたいものです。

 この日の千代大海の引退で角界の世代交代が早まるのか…それとも横綱以外の既存勢力が粘るのか。激しい戦いを期待します。

blogram投票ボタン

posted by ざわ at 00:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック