2009年11月22日

[09G1]マイルチャンピオンシップ 結果 1着カンパニー

 8歳馬カンパニー(牡、栗東・音無)が好位から突き抜け、G1連勝でラストランを飾った。勝ち時計は1分33秒2。横山典弘騎手(41)はこの勝利が今年のJRA100勝目となった。2着は14番人気のマイネルファルケが逃げ粘り、3着には2番人気のフランス馬サプレザが入った。[日刊スポーツ]

blogram投票ボタン

1着◎カンパニー
2着 マイネルファルケ
3着 サプレザ
4着△キャプテントゥーレ
5着▲アブソリュート


 いやぁ…おっそろしい馬ですな。
 3歳でデビューしておきながら4歳11月の京阪杯で初重賞。G1初制覇が8歳になってからの天皇賞秋で、その次の引退レースのマイルチャンピオンシップできっちりG1連覇で引退…普通だったら既に引退している年齢ですからね。
 よくよく考えたらかのディープインパクトの1世代上ですからね…そういった意味でも記録に残る名馬になってしまった感があります。この引退直前の2戦だけで^^;

 これで引退…引退後は社台スタリオンステーションでの繋養が予定されているとのこと。少なくとも父のミラクルアドマイヤよりは期待されるわけで…
 何とか自分を超える仔を出してくれる事を期待しましょう。
 少なくとも、この血統は7歳までG1勝てなくても諦めない…そんな血統になりそうで楽しみです^^;

 ところで、ミラクルアドマイヤ…どこに行ったんでしょうか…
 ノーザンホースパークに戻してあげて欲しいなぁ…
 

blogram投票ボタン

posted by ざわ at 23:18| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トニービン系だけに普通に、ダート馬を輩出しそうに思うのは、
私の経験的な推測です。ぁははは。。。

でなければ、ストレートに父の様に晩成に出ます。
っつぅか、良く言えば母父テーストの成長力です!!!
(そんな様な、1頭の馬を永く持って貰える様な馬主さんに所有して頂けると有難いです。)

勿論、その成長力は必要な要因であるのですけど。
ただ、個人的に期待するのは、サンデーの血が入ってないんで、父系ないしは母父がサンデーの繁殖牝馬には合うと思っています。

父カンパニー*母アドマイヤグルーヴなんてのは、オーナー的にもありだと思うんですけどね。(応援しませんけど(:-p)

と言うよりも、今更かもしれませんけど、
父ミラクルアドマイヤの母が『バレークイン』ですから、

ダイワ兄妹やヴァーミリアンのスカーレット系よりも、
今はこのバレークインの血統にすごく気持ちが行ってます、はい。

ミラクルアドマイヤの姉『グレースアドマイヤ』もリンカーンとヴィクトリーを出してますからね。
フサイチコンコルドもGI7勝馬を含め重賞馬を多く出してますし、
血統的観点からお膳立ては充分に整っていると思います。

そういう意味で、アンライバルドも充分に種牡馬として良い仔を出せると思ってますけど。
Posted by しるばぁ at 2009年12月02日 23:29
なるほど〜
でも、あのG1連勝がなかったら…と思うのはありですよね^^;
Posted by ざわ at 2009年12月09日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

第26回マイルチャンピオンシップ回顧!輝いた中年の星!カンパニー有終のV3!
Excerpt: 第26回マイルチャンピオンシップは1番人気の8歳馬Gカンパニーが快勝し、ラスト3戦を重賞3連勝で引退という見事な幕切れ。お陰で僕も馬連の6,690円を的中することができました。
Weblog: マチルダベイビー!
Tracked: 2009-11-24 00:28

引退レースに花添える!(マイルCS・回顧)
Excerpt: 見事なりカンパニー!…その一言に尽きるレースだったかと思います。 ゴチャゴチャと
Weblog: いちご一恵の勝ち馬日和
Tracked: 2009-11-24 02:57