2009年07月08日

ノア百田光雄相談役 辞表提出

 ノアの百田光雄相談役(60)が7日、都内のノア事務所で田上明新社長(48)に辞表を提出した。6日の役員会、臨時株主総会で、小橋建太(42)の社長就任を提案し、受け入れられなかったことが理由。自身も副社長から相談役に退いたが、新体制発表から一夜明けて、会社を辞める決断をした。田上新社長は辞表を受け取らず、保留とした。百田相談役は故力道山の次男で、00年のノアの旗揚げから前社長の三沢光晴さん(享年46)を支え続け、4日のお別れ会では実行委員長も務めた。三沢さんの死を乗り越えて、新たな1歩を踏み出した直後に、ノアに再び衝撃が走った。[日刊スポーツ]
blogram投票ボタン
 残念。
 三沢社長逝去に伴う新体制発表後にこういったことになってしまうのは…団体分裂の前兆ではないかということで、非常によろしくないわけで…
 特に百田光雄相談役(前副社長)は故力道山の次男と言うことで日本プロレスの保守本流にいると目されている人物。なんだかんだで百田家というのは未だに影響力がありますからねぇ…

 で、やめる理由ってのが
「小橋が社長にならなかったら会社を辞める」

…今の小橋が社長なんかやったら、逆にリングの上で死ぬことを目的にされちゃいそうで怖すぎるんですが…やはり何らかの確執があったんでしょうかねぇ…

 田上新社長は慰留をしているとのこと。百田さんが推していた小橋からも慰留されているということですので…何とか残ってほしいのですが…
blogram投票ボタン
posted by ざわ at 21:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス・格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック