2009年03月10日

[09WBC]A組以外の途中経過 その3

 プエルトリコが冷や汗をたっぷりと流しながらオランダに逆転勝ち。第2ラウンド進出を決めた。2回に1点を先制されるとその後は拙攻が続きゼロ行進。しかし8回1死満塁からY・モリーナ(カージナルス)の2点二塁打などで3点を奪って逆転した。
 オランダは投手陣がよく踏ん張ったが、初戦のドミニカ共和国戦に続く金星はならなかった。[日刊スポーツ]

 
 ということで、日本、韓国、アメリカに続きプエルトリコが第2ラウンド進出を決定しました。まぁ、D組なんで準決勝までは当たらないですが…
 D組の残り1議席はドミニカかオランダ。さすがに2度の番狂わせは無いよなぁ…オランダには頑張って欲しいですけどね。

 イタリアがカナダを破った。打線が序盤4点を先行。ロッテ、オリックスに在籍した先発セラフィニら3投手がカナダ打線を2点に抑え逃げ切った。
 カナダは初戦で米国相手に5−6と善戦したが、この日は完敗。地元開催で期待されたが、あっさりと敗退が決まった。[日刊スポーツ]

 P様こと"イタリアンバズーカ"ヴァル・パスクチがイタリア代表にいたのは知ってましたが、セラフィニも在籍してたとは…なんて鴎チックなんでしょうか、イタリア代表。そのセラフィニが大活躍でイタリアがC組の敗者復活決勝戦に進出しました。
 こうなったら次のベネズエラ…1回戦で敗れた相手ですが雪辱を果たしてC組突破を果たして欲しいものです。
 そのためにはP様の覚醒が必要です。
 ここで、応援させていただきましょう。

♪ホームランかっとばせパスク〜チ
 レフト〜へ〜ライトへ〜
 ホームランかっとばせパスク〜チ
 レフト〜へ〜ライトへ〜
 ♪♪♪♪〜 P!
 ♪♪♪♪〜 P!
 ♪♪♪♪〜 P!
 ♪♪♪♪〜 P!♪


 ここまでパスクチを追うようになったのは、絶対にこの人のせいだと思います。

 オーストラリアに敗れ敗者復活戦に回ったメキシコが、南アフリカを破り望みをつないだ。序盤、南アの善戦に苦しんだが、終盤に打線が爆発し大勝した。
 地元ファンの歓声を浴びたのが2本塁打を放ったA・ゴンザレス(パドレス)。3回に勝ち越し2ラン、8回にダメ押し3ランを放つなど3安打6打点の活躍を見せた。
 南アフリカは第1ラウンド敗退が決まった。[日刊スポーツ]


 B組敗者復活の1回戦はメキシコが南アフリカからコールド勝ち。まぁ、今大会では南アフリカはやはり格落ちですからねぇ…仕方ないということで。
 あとはキューバvsオーストラリアの敗戦チームと敗者復活の決勝戦。おそらくオーストラリアが来ると思うので、1回戦のリベンジなるか…というところですか。
 こちらも楽しみです。

 野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は9日(日本時間10日)、2次ラウンドに備えて合宿を行う米アリゾナ州スコッツデールに到着した。[日刊スポーツ]

 一方日本は短期キャンプ地のアリゾナに到着。試合直後だったのにお疲れ様です。
 11日(日本時間12日)はサンフランシスコ・ジャイアンツと、12日(日本時間13日)はシカゴ・カブスとの練習試合があります。
 ここで何とか立て直して欲しいところですな。特に打線。

 第2ラウンドでの健闘、期待します。
posted by ざわ at 22:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球国際大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック