2009年02月21日

[09Fsキャンプ]中田が2軍練習試合で初失策

 日本ハム中田翔内野手(19)が21日、ファームの練習試合・韓国SK戦に4番三塁で出場し、今キャンプの実戦で初めての失策を犯した。2回、三塁ゴロを軽快に処理したが、一塁送球がややそれた。実戦8試合目での初失策。「そんなにシュート回転したという感じでもなかったんですけど」と悔しがった。それでも梨田昌孝監督(55)は「うまいファーストなら足を踏み換えてアウトだったかもね」と擁護していた。[日刊スポーツ]
 
 今年の中田の成長はなんと言っても初失策がニュースになったってところでしょうかね。昨年だったらやらかして当たり前なあきらめがあったんで…^^;
 今シーズンはいけそうですかね…

 それはそうと、また変なネタが飛び出しました。

 チンならぬ、珍アイデアが浮上した。日本ハムが球団グッズとして“勝負パンツ”を発売することが20日、わかった。昨季の終盤戦で、梨田昌孝監督(55)がゲンかつぎとして黄色いパンツをはき話題となったことがきっかけでプランが持ち上がった。4月3日の開幕楽天戦(札幌ドーム)に向けて商品化される見込みだ。
 “激しく、熱い夜”を演出するのは、気持ちが高ぶる勝負パンツだ。4月3日に行われる楽天との開幕戦に向けて、球団公式の勝負パンツが発売される。西暦にちなんだ2009枚案など、数量限定のプレミア品となる予定だ。
 オフィシャルグッズとしては珍しい下着の発売。発端は昨年のシーズン終盤、梨田監督が「幸せの黄色いパンツ」をはいたことだった。クライマックスシリーズ出場権をかけた激しい争いの中、チームは4連敗を喫し、迎えた9月2日のソフトバンク戦(札幌ドーム)。指揮官は「イエローだよ」という勝負パンツをはいて臨み、連敗がストップした。この白星をきっかけにチームは復調。CSに進出し、第1ステージでは敵地でオリックスを退けた。梨田監督はCS進出後もたびたび同じパンツを着用。勝利を呼ぶアイテムとして、ファンの間では話題に上っていた。球団関係者も「ファンのみなさんの間でもかなり定着していたので」と、商品化のきっかけにしたことを明かす。[日刊スポーツ]


 まぁ、"「赤パンツ」開運法"という本も出されているくらい「赤いパンツは開運に効果がある」ということですが…巣鴨じゃないんだから^^;

 あとは…札幌に柏レイソルのブリーフ隊みたいな赤パンツ隊が出現しないことを祈ります。
posted by ざわ at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本ハム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック