2009年02月05日

解雇の元若麒麟 退職金を辞退

 日本相撲協会は5日、大麻所持容疑で逮捕され解雇処分を受けた大相撲の元若麒麟(本名・鈴川真一)容疑者(25)が、退職金にあたる養老金の請求を辞退したと発表した。尾車親方と同容疑者の父親の鈴川淳一さんが協会を訪れ、武蔵川理事長に辞退の意思を伝えた。武蔵川理事長は「常識的には辞退は当たり前」と述べ、これを受理した。
 元若麒麟は2日の理事会で養老金が支給されない除名処分ではなく、請求すれば受け取れる解雇処分を受けた。だが塩谷立文部科学相から「処分が軽すぎる」と批判されていた。これにより、武蔵川理事長は早急に規定の見直し作業に入る意向を示していた。[日刊スポーツ]

 
 当然といっちゃ当然。法を犯して協会に迷惑をかけて放り出されたわけですからねぇ…。逆にそのまま金を貰ったままだったら今後の人生の後々まで言われ続けてしまうわけで。
 これで500万円の金で自分の一生、家族の一生を棒に振ってしまう可能性がありますからね。賢明な判断でしょう。

 で、協会の方も規定見直しですか。早急に進めて欲しいものです。
posted by ざわ at 22:37| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | 相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 世間の批判に懲りて若麒麟サイドも退職金辞退のパフォーマンスした??
Posted by ぶじこれきにん at 2009年02月09日 16:32
あれ私のコメント出ない??なぜ??
Posted by ぶじこれきにん at 2009年02月10日 20:45
でましたね。
やはりseesaaはあまり速攻で出てこないということで。

退職金については辞退した方が今後の身の安全ということもあるでしょうしねぇ。
Posted by ざわ at 2009年02月11日 10:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

品格あぶり出し〜若麒麟の退職金
Excerpt: 若麒麟が大麻所持で現行犯逮捕されて、相撲協会が若麒麟を解雇処分にして、尾車親方を二階級格下げしました。この「解雇」処分ってのは、相...
Weblog: David the smart ass
Tracked: 2009-02-06 11:47