2008年12月31日

WBA世界フライ級タイトルマッチ 坂田健史が5度目の防衛に失敗

 王者坂田健史(28=協栄)が挑戦者のデンカオセーン・シンワンチャー(32=タイ)に2回KO負けし、5度目の防衛に失敗した。[日刊スポーツ]
 
 残念…

 内藤がWBCフライ級王座を防衛したとき

非常に厳しい戦いになるとは思いますが坂田に防衛してもらい、いずれ日本人王者同士の統一戦…見てみたいものです。

と書いていたんですが、その夢は絶たれてしまいました。
 しかし、挑戦者のデンカオーセンも3度目の世界挑戦での戴冠でしたので…こちらを褒めるべきでしょうな。

 しかし、TBSの格闘技中継は…坂田があっさりと負けたからって、10月のK-1 WORLD MAXの魔裟斗の試合でお茶を濁すってのは…ちょっといただけないなぁ…
posted by ざわ at 19:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス・格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック