2008年12月27日

[08-09Fsストーブ]北村弁護士 球界初仕事終了

 武田久、北村弁護士が“勝訴”−。日本ハム武田久投手(30)の2度目の契約更改交渉が25日札幌市内で行われ、人気テレビ番組「行列のできる法律相談所」の北村晴男弁護士(52)が代理人として同席、500万円増の1億1500万円(金額は推定)プラス出来高払いを勝ち取った。武田久は4勝7敗21ホールドと昨季より成績を落としながら増額に成功した。これなら「代理人」でも順番待ちの行列ができる?[日刊スポーツ]
 
 北村弁護士曰く
「楽しい交渉でした。普段の仕事はお互いの利害があって対立しているので…。アップ? それは本人の成績によるものだから」
とのことで、感情的な対立も泣く、穏便に良い仕事が出来た事が推測されます。
 まずはめでたしめでたしってところでしょうか。

 今回は前回より500万円アップという事ですが、球団側も認めている3年連続60試合以上に登板している点と、それに伴うブルペン投球回数でアップ勝ち取りとのこと。確かにブルペン投球回数はバカにはならないですからねぇ…他の中継ぎ投手にも良い結果になったのではないでしょうか。
 もっとも、代理人費用を支払う武田久にとって、500万円増がどれだけのメリットになったかは定かではないとのことですが、本人も感謝してるって事で…よしとしましょう。

 で、もう一つ記事にあったのが…

 日本ハム武田久投手(30)の代理人を務めた北村晴男弁護士(52)が球団にどうしても聞きたかったのが、プロ野球の契約更改交渉の雰囲気などをテレビ番組などで発言しても大丈夫かということだった。島田チーム統轄本部長は「もちろんどうぞとお答えした。ウチは北海道から全国へ発信していかなければならない球団。番組でしゃべってくれるのはありがたい」と容認した。ネタの交渉もするとは、さすが敏腕−。[日刊スポーツ]

 見えない契約交渉がオープンになるのは決して悪い事ではないですからね。
 いいと思います。


posted by ざわ at 08:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本ハム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。