2008年12月19日

渡辺明竜王 羽生4冠を破り5期連続竜王で永世竜王

 将棋の渡辺明竜王(24)に羽生善治4冠(38=名人・棋聖・王座・王将)が挑戦していた第21期竜王戦7番勝負の第7局は、17日から山形県天童市の「ほほえみの宿 滝の湯」で行われ、18日、後手の渡辺が勝ち、3連敗後の4連勝で竜王5連覇を果たし、初の永世竜王の資格を得た。
 タイトル戦7番勝負で3連敗4連勝の大逆転は将棋界では初めて。囲碁界では6度記録されている。
 羽生は第1局から3連勝し、史上初の永世7冠にあと1勝としたが、その後は精彩を欠いた。[日刊スポーツ]

 
 永世竜王の称号の資格は…竜王位を(1)連続5期保持or(2)通算7期以上保持した棋士。今回の竜王戦は、これまで連続4期保持していた渡辺竜王、通算6期保持していた羽生4冠(名人・棋聖・王座・王将)、ともにリーチがかかった状態での対戦。しかも初代の永世竜王争いという事でも注目されてたわけですが…渡辺竜王、3連敗からのまさかの大逆転。1989年の読売vs近鉄の日本シリーズ以来ですよ、こんな大逆転は…。

 とにかく、渡辺竜王、防衛おめでとうございます。ブログで喜びの声を聞かれる事を楽しみにしております。

 羽生4冠は残念でした。でも通算7期の永世竜王までリーチがかかった状態は変わっておりません。永世7冠まであと1つ、早い達成を期待しております。


posted by ざわ at 01:52| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽生かと思ったが渡辺の逆転勝ちだった。
Posted by ぶじこれきにん at 2008年12月24日 16:10
ここまでの逆転は想定できませんて^^;
Posted by ざわ at 2008年12月24日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。