2008年12月12日

[08五輪]ハンマー投げ 室伏広治 5位から繰り上がりで銅メダルへ


 国際五輪委員会(International Olympic Committee、IOC)は11日、8月に行われた北京五輪でのドーピング違反者、メダリスト2選手を含む3名を失格とする決定を下した。
 失格となったメダリスト2選手は陸上・男子ハンマー投げで銀メダルを獲得したベラルーシのバディム・デフヤトフスキー(Vadim Devyatovskiy)と、銅メダルを獲得したイワン・ティホン(Ivan Tsikhan)で、それぞれメダルを剥奪された。また、デフヤトフスキーは過去にも陽性反応を示しており、今後の大会への出場も禁止された。
 デフヤトフスキーとティホンの失格により、4位だったハンガリーのクリスチャン・ポルシュ(Krisztian Pars)と5位だった日本の室伏広治(Koji Murofushi)が、それぞれ銀メダルと銅メダルに繰り上がることとなった。
 室伏がライバルのドーピング違反によって利益を得るのは、競技を2位で終えるも1位のアドリアン・アヌシュ(Adrian Annus、ハンガリー)がドーピングによりメダル剥奪となったため、繰り上がりで金メダルを獲得した2004年アテネ五輪に続き2度目である。[AFP]

 
 まさか、2人も薬物で失格するとは…なんとも複雑ですな。

 それを受けて室伏選手が記者会見をしたようですが…

「2大会連続のメダルは非常に名誉」と喜ぶ一方で、「薬物違反があったことは非常に寂しい。一緒に競技していた仲間ということもあり残念」と本来とは異なる形でのメダル獲得に複雑な思いも見せた。[毎日.jp]

というのはやはり偽らざる心境なんだろうなと思います。

 ともあれ、既に次のロンドンに向けて動いているという事で…今度も薬物違反などなく、堂々と結果を残して欲しいものです。


posted by ざわ at 20:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドーピングで繰り上がり銅メダルとは室伏も複雑な心境だろう。
Posted by ぶじこれきにん at 2008年12月16日 06:34
前回の金もそうでしたからね。
Posted by ざわ at 2008年12月16日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

毎回のことだが・・・
Excerpt: 前回大会の時もあったね。 競技への信頼は失う一方だ。 (misono)
Weblog: 夢十夜のブログ
Tracked: 2008-12-14 21:51

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。