2008年08月20日

[08五輪]レスリングフリースタイル 55キロ級松永共広が銀 60キロ級湯元健一が銅

 惜しくも20年ぶり金メダルはならず。松永共広(28=綜合警備保障)が快進撃を続けて決勝に進出したが、ヘンリー・セジュド(米国)に敗れて銀メダルに終わった。日本男子は1988年ソウル五輪以来、金メダルから遠ざかっており、松永もあと1歩およばなかった。[日刊スポーツ]
 湯元健一(23=日体大助手)が3位決定戦でバザルグレエフ(キルギス)を2−0で下し、見事、銅メダルを獲得した。[日刊スポーツ]

 
 男子レスリングは1952年のヘルシンキ五輪から14大会連続(出場ボイコットした1980年モスクワ五輪を除く)でメダルを死守してきたわけで…ロサンゼルス五輪の時は9階級でメダルを獲得してましたが、バルセロナ、アトランタ、シドニー(永田裕志の弟の永田克弘)では1人しかメダルを取れない体たらくが続いていたため、アテネで2階級でメダル獲得し復活の兆しを見せたときは嬉しかったですね。

 グレコローマンスタイルはすでに終わったため、あとはフリースタイルの66キロ級の池松和彦を残すのみ。アテネ五輪の5位以上の結果を期待したいですね。
posted by ざわ at 08:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レスリングは器用で体の低い日本人向きのスポーツだからメダルを取れる。
 体操や、バレーボールのように他国が力を入れると、それに対抗する選手育成システムがないとメダルが取れる確率が低い。(体操の場合、一部の逸材の頑張りに頼る)そういう分析が日本頑張れのメディアには欠けている。
Posted by ぶじこれきにん at 2008年08月20日 22:09
なんだかんだで子供の頃からレスリングの選手養成は定評がありますからね。日本は。

有名なアニマル浜口ジムは基本的にレスリングジムじゃなくってプロレスラー養成道場ですし
Posted by ざわ at 2008年08月21日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

松永共広のこと
Excerpt: 松永共広とははてなより -- レスリング(フリースタイル55kg級)選手。 1980年6月27日生まれ、静岡県出身。 日本体育大学卒業。綜合警備保障所属。 全日本選手権は2007年までに優勝5回。..
Weblog: 注目のキーワードをチェック
Tracked: 2009-02-12 12:32